Amazon Fire TV、配置完了!(仮)

原ちゃんです!

さて、FireTVを購入し、ひとまずテストでYOUTUBEを見てみたりしました。
DAZNでのサッカー視聴も全く問題なさそうでしたので、FireTVをどのように配置するか考えてみることにしました。

そもそもFireTVを購入したのは、芳子さん(母親)の「2017年シーズンもJリーグ、アルビレックスの全試合をを見たいなり」という要望からなんですが、ネット回線の元はリビングにあり、芳子さんの部屋は少し離れたところにあります。
Wi-Fiでも届く距離にあるのですが、映像が途切れたり止まったりしたらダメなので、有線で繋ぐのは絶対条件です。

リビングから芳子さんの部屋までLANケーブルを長々引っ張ってやろうとも思いましたが、その上でリビングのテレビでもYOUTUBEとか見るためには、

  • ルータから芳子部屋までLANケーブル
  • FireTV⇔HDMIスプリッターをHDMIケーブルで繋ぐ
  • スプリッター⇔芳子部屋のテレビ
  • スプリッター⇔リビングのテレビ

と、リビングと芳子部屋の間に、LANケーブルとHDMIケーブルの2本が延びるという、ややこしくて美しくない配線になってしまいます。
部屋と部屋の間にケーブルが延びるのは仕方ないとして、少しでもスマートな方法はないかと考えに考え、ある形にまとまりました。
まとめた配置構想図がこちら↓

FireTV配置構想図

ルータ⇔FireTVの間のLANケーブルは極力短く30cmに。
FireTVからHDMIスプリッター(HDMIのタコ足)を介して、2台のテレビに接続します。
リビングから芳子部屋まで延びるのはHDMIケーブル1本だけです。

そして現在、ひとまずはリビング内で見る体制が完成しました。
買ったのはLANケーブル30cmとHDMIケーブル10mだけ。
下記の組み合わせで2,074円。送料無料で買えました。


我が家のリビングはちょっと変わった形をしていまして、一つの部屋の中で10mもの長さのケーブルを使う必要があったのです。

あとはHDMIスプリッターと20mのHDMIケーブルを買って配置するのみです。
HDMIスプリッターがFireTVで使えるとか使えないとかいう情報がありますが、いざ買う段になったらよく調べて買おうと思います。


おもしろかったよ!と思っていただけたらクリックしてみてください。
私が喜びます。↓


一番上まで戻る